オレの剛毛よ さらば!!
>

ヒゲ(ひげ、髭)脱毛 ケノンでツルツルにしたった

  • 皆さん、お久しぶりです、ワキを見事四角にミステリーサークル化した食品系ライター小森純太(仮名)既婚者32歳です。
    僕のワキはもちろん今も見事な四角(スクエア)に刈り取られたままです。
    だって永久脱毛ですからね。参照リンク(http://oreno-datumou.com/
    しかしこれっぽっちも悔やんでなんかいません、だってうちの奥さん、
    あれ以来脱毛エステにはもちろん、フェイシャルエステ?なるものもやめてぷっつり行かなくなりましたw

  • どうもケノンは付属の美顔器なるものもスゴイらしいです。
    でもその分何やらこそこそ色々買い込んでいるので結局どうなの?って話ではあるんですが、、まぁそれはそれ、です。
    彼女とて立派に稼ぐ大人の女性ですから、その辺りは僕が口を出す筋合いではありませんしね。

  • さて、こんな前置きはさておき、僕が今回皆さんに報告したいのは、

    ヒゲ脱毛

    です。

    そもそも何故トレードマークでもあったモサモサのヒゲ

    ひげ脱毛前

  • を脱毛しようと思ったのか順を追ってお話したいと思います。

  • 先にも記載した通り、僕は食品系のライターで生計を立てています。(奥さんも同業)
    でですね、こういった職業って一般の人からは想像がつきにくいのですが、
    お得意さん(ちょっと表現方法が変ですが)の先生の付き人的な役回りも回ってきたりするんですよね。
    要は A という料理研究化がいます。この人が本を出版します。
    となると、これをまとめて実際に文章を起こすのが僕の様な食品系ライターだったりするのです。

  • ・・・でですね、ある日の仕事の事、僕の一番お世話になってる
    女性の先生(有名な短時間料理番組に出演されてます)の仕事で後に書籍化が決まっていた番組の収録のお付きに行ったわけですよ。
    その日いつもにこやかな先生は、開口一番こう仰いました

    「ああ、小森君、いつも暑苦しいわね」

    と。

    ・・・・おい、ちょっと待て。

    あんまりな言い分じゃないか、、と。
    でもここは一社会人、先生は高名な料理研究家の先生、
    こちらは場合によっては付き人も兼ねるような一ライターです。もちろん反論などしません、致しません、出来ません。
    でもね、心にトゲは刺さってる訳ですよ。

    「暑苦しいとはなんぞや」
    と。

  • でね、仕事を終えて帰って、鏡を見て、どこが暑苦しいか熟考し、一つの可能性を考えたわけですよ。

    ひょっとしてヒゲじゃね?ヒゲ剃ればいいんじゃね?俺ヒゲが暑いんじゃね?
    と。
    そしてすぐさま嫁にもこの事を相談した訳ですよ。
    「今日さー、T先生が俺の顔見てそっこう暑苦しいって・・」
    「それあんたヒゲだわ」

    奥さんもうかぶせ気味に回答しました。
    どうやら懸念していた通り問題はヒゲな様ですorzそこで決めました、決断しました、即断しました。

  • 俺はヒゲを剃る!というかヒゲを脱毛する!

  • と。何故ってT先生の機嫌を損ねたら僕の年収は200万程吹っ飛びますからね。
    これは一大事です。
    そもそも食品を扱う現場によく行く身でありながら、ヒゲはよく考えたらあまり適当ではありません。

  • という訳でやってやりました
    スクエアが剛毛のヒゲをツルツルに脱毛するテスト!!!!!!!!
    ご存知の通り、僕のヒゲはモッサモサです。これを綺麗に脱毛してやります。

    ひげ脱毛前

  • これを見事脱毛する訳ですから、
    これ大変な事だと想像しますよね想像しますよね?想像しちゃいますよね?
    だってヒゲって超毛が太いしー、密集してるしー、絶対痛いじゃーん、なーんてJKみたいに考えちゃいますよね?

    結論から言います。

    ヒゲ脱毛 ワキより全然楽勝っす。

  • 痛み
    ヒゲ<ワキ
    期間
    ヒゲ<ワキ
    喪失感
    ヒゲ>ワキ
  • といった感じでしょうか。

    ・痛みに関して

    説明書きにもありましたが、どうも「皮膚が薄く伸びるワキの様な箇所」が痛いらしく、
    イメージでは超痛そうな「ヒゲ」に関しては全く痛みがありませんでした。
    顎の下、首に近い個所で若干痛みを感じたくらいで、しっかり冷やした事もありほぼ無痛です。

    ・期間に関して

    ワキが10度の照射を要したのに対して、ヒゲは8度、
    実際は6度目を終えた時にはほとんどなくなっている状態でした。

    ・喪失感に関して

    T先生の覚えをめでたくするために、我が身を切り売りした気分、
    何かを失くして大人になった、ちょっとセンチな気分です。

    以降画像を交えて結果を報告しますが、、ワキの時ほど写真に収めていませんでしたので、
    ほとんど結果報告になります。
    これがご存知開始前

    ひげ脱毛前

  • ご存知剛毛、モッサモサです。
    これを綺麗に剃りあげ、照射、2週間放置、照射、2週間放置、と繰り返し6度目の照射を終えた後が下記

    ひげ脱毛の様子

  • どうです?この時点でもう毛穴という毛穴が死滅してるんですよね、ほとんど。
    あとは顎の先端に少し残ってる程度。
    ちなみに、照射から1~2週間で毛穴から生えてる毛を指で摘まんだら「スー」っと抜ける感覚は毛が太いだけに半端じゃないですww
    何か、「いいのこれ?」って心配になるくらいの抜け方をしますw スルっ、スルっってw

    そして下記が最後の照射、8度目の照射を終えた2週間後、、、

    ひげ脱毛の様子

  • どうですか。もうものの見事にツッルツル。
    若返った様な、ふっくらした様な、どうも見慣れない自分が鏡に映っていてまだ戸惑います。
    こうして僕は何かを喪って何かを得ました。

    こういうのを世間では「大人になる」というのでしょうか。
    上手く伝えるべき言葉が見つかりませんが、一点だけ言える事があります。

    ・それでもT先生が大事。
    ・ケノン、ヒゲ脱毛楽勝

    二点になりましたが以上です。
    という訳でヒゲ脱毛、無事成功です(涙)

    PS・奥さんは僕のヒゲが無い事にしばらく気付きませんでした。

    ※ケノンには別売りで下記の様なヒゲカートリッジもありますが、僕の場合は通常カートリッジで全然大丈夫でした。

    ひげカートリッジ