オレの剛毛よ さらば!!
>

脱毛時のコツ

  • 脱毛時のコツで一番言えることは、ビビらないことです。

    バチッときたところで、きちんとクーリングをしていれば痛くありません。
    なので、大丈夫と自分に言い聞かせ、とにかく躊躇なくボタンを押すことです。
    躊躇しているとせっかくクーリングしたところが、
    どんどん体温を取り戻してしまいます。

    これ、私も初めてVゾーンにレベル10を照射した時は
    相当ビビッてしまって、何度もヘッドを肌に当ててはクーリングをやり直し・・・
    を繰り返していました。とにかく思ってるほど大したことないので、
    頑張って最初のボタンを押し切ってみてください!

  • 部分別のコツといえば、

  • 脚や腕、お腹は範囲が広いので、何度もショットを打たなければなりません。
    膝から上、膝から下、膝、に分けて、お家にあるなら
    医療用の白いマスキングテープを貼って目印をつけるのもありです。
    ホクロにもこれを貼ってガードしておくことができますが、
    まぁホクロは避けて照射した方がいいと思います。

    間違っても黒のペンなどで印をつけないで下さいね。
    黒に吸収される光を打つのでバチッときてしまいますよ。
    あとはクーリングと照射をテンポよく
    繰り返せば、問題なくいける
    と思います。

  • 膝や肘、指、手の甲などは硬くて照射面をピッタリつけるのが
    難しいかもしれませんが、ケノンがピピっと照射可能と反応してれば大丈夫です。
    あまり神経質にぴったりくっつけることにこだわらなくて大丈夫です。

    指や顔などは付属の一回り
    小さい照射面のカートリッジを使って照射しましょう。

  • 顔は特に眩しいので、サングラスをかけたうえで、
    目を瞑った方がいいと思います。
    目がどうかなるということではないですけど、照射の際にかなり眩しい光が出ます。
    脇は思ったより簡単で5発程度で終わると思います。
    脇の毛は濃いので痛みがある場所ですが、
    ちゃんと冷やせば大丈夫です。

    デリケートゾーンは一番怖いと思いますが、ここも脇同様怖がらなくて大丈夫です。
    充分冷やせば痛くないので、慣れれば簡単に出来ます。密室にこもって
    一番やりやすい体勢を見つけて挑んでくださいw

  • 背中は挑戦しようと思いましたが、範囲も広いですし、
    できれば誰かにやってもらったほうが無難です。
    自分で出来なくはないですが、直接見えない部分ですし、時間がかなり
    掛かってしまいます。えりあし、うなじの辺りは、テーブルなど台の上に
    ケノンを置いて、そこに自分の首を近づけてやれば割と簡単に出来ます。